トップページ  日付順  地域別  季節別

          富士山登山(フジサミット1019) (2008.7.18〜20)

 富士登山には色々方法があると思いますが、一番確実に登れる2泊3日のバスツアーで登りました。
22時過ぎに集合場所の近鉄竹田駅に着き、バスを待つ間ベンチの隣に座っていた人と世間話をしている内に続々と参加者が集まってきて、回りを見渡すと若い女性が多く、予想外でした。



 バス3台で0時過ぎに出発、途中休憩を挟みながら、ようやく富士山の遠景が見えて来ました。
この後、富士スバルラインを一気に登って、8時過ぎに2305mの5合目河口湖口登山口に到着しました。
 さすがに山開き後の最初の連休の為でしょうか、すごく混雑していました。
到着後昼食を摂り昼前まで休憩、登山開始前には今回の登山案内をして頂く強力さんの紹介があり、ツアー参加者の全員登頂を目標に登り始めました。
登山では、先頭が案内役の強力さん、最後尾が添乗員さんで、一番遅いペースの人に合わせて休憩を取りながら進みました。
 宿泊小屋がある8合目の手前当たりから、ちょっと呼吸がきつくなってきましたが、何とか今日の行程を無事終了できました。
18時に小屋に到着後、即夕食(ハンバーグカレー)を摂り、そのまま就寝になります。
ハイシーズンですので、当然小屋も混んでいて、直立不動の姿勢で隣の人と接しながら、横になります。
左隣のお兄さんはいびきをかいて寝ていました。右隣のお兄さんは、カレーが当たったとの事で、時々酸素のスプレー缶を吸いながら、 横になっていました。私は、息苦しく腹式呼吸で深呼吸し、 だんだん軽い頭痛を感じながら、横になっていました。
とりあえず、眠れなくても横になっている事で大分疲れがとれました。
 混雑が激しいので、予定を早めて0時に頂上目指して出発しました。この時点で既に頂上まで行列が出来ていて、少し歩いては、立ち止まりを繰り返しながら登る事になりました。
(かえってスローペースになって、初心者には良かったかも。)
9合目当たりから、溶岩の岩の上を登る事になりますが、この当たりでどこかのツアーの添乗員さんが交通整理をして、ゆっくり登る人と体力に自信がある人の2列に誘導していました。
(ご苦労様でした。)
大混雑の頂上には3時30分に到着、日の出の4時40分まで寒さに震えながら待っていました。
ラッキーにも天候に恵まれ、日の出を拝む事ができました。
この時点でまだ頂上に着いてない人は、登山道から日の出を見る事になります。
日の出を見た後は、即、ひたすら、9:00目標で下山します。(今回は頂上の様子を見る時間は、ありませんでした。)
 素晴らしい雲海も見ることができて、とりあえず楽しい3日間を過ごせました。
登山経験ゼロのチャレンジャーから、冬の富士山経験のベテランまでさまざまな人が参加していた今回のツアーでは、40名/47名の山頂登頂率でした。