トップページ  日付順  地域別  季節別

               池木屋山(2010年11月23日)

8時20分に、林道の終点に駐車場に着き出発準備をしていると、マイクロバスで20人位の団体さんが到着し、大賑わいになりました。(山登りでは無かった様でしたが。)歩き始めは、階段や桟橋が良く整備されていて、高滝までは楽に行けました。とはいえ、桟橋から落ちると大変ですが。
高滝から本格的な登りが始まります。雨上がりで濡れた落ち葉がタップリ+コケが生えた岩+地面を這う木の根などの為、すごく滑りやすい状態で苦戦しました。下りはさらに大変でした。
また、山肌の道は細く、落ちると確実に怪我をしそうな所が、多々ありました。ルートは、時々テープの目印をうろうろと探し回りながらですが、間違える事はありませんでした。全体の印象としては、関西の山の登山道の中では、比較的危険な道に感じました。
沢沿いのコースは、多数の滝があり、気持ち良く歩けました。次回は、紅葉の最盛期に来たいものです。

山頂はガスがかかり、風も強かったので、ここから東尾根に行くのは止めて、早々に下りました。下っている途中で、今日初めてで最後の他の登山者と 出会いました。
今回は、カメラ不調で携帯電話のカメラで撮影しました。ちょっと残念な写真になっています。


交通

大阪方面からは、
国道24号線 → 橿原で国道165号線  → 桜井で国道166号線 →  飯高町で県道569号線 → 林道で宮ノ谷方面の終点まで。
所要時間は、約3時間。

おおよその所要時間は、(若干の休憩時間を含む)
 【登り】
 登山口 〜 高滝     50分
 高滝  〜 山頂     2時間50分

   【下り】
 山頂  〜 奥の出会い  1時間10分(ここで40分休憩)
 奥の出会い 〜 高滝   1時間10分
 高滝  〜 登山口    1時間  

        高滝。
         池木屋山山頂。