トップページ  日付順  地域別  季節別

               雨乞岳 <途中撤退>(2011年3月12日)

 まだこれまでに登った事はないものの、比較的登りやすそうに思えて、雪の雨乞岳に行ってみました。
甲津畑町の登山口の少し先の橋の手前が道幅が広くなっているので、そこに駐車して登山口へ向かいました。林道の登山口にあるボックスに登山届けを出して、緩やかな登りを歩き始めました。

 桜地蔵を過ぎ、ツルベ谷出合いでは、大峠へのトレースは無く迷いやすそうでしたので、杉峠の方へ行きました。杉峠への道も、途中でトレースがわかりにくく、鹿の足跡だけが目だっていました。何度も道を探しながら杉峠の手前の小屋までは、雪も深くなく、何とかたどり着きましたが、小屋から先は全くトレースが無く、柔らかい雪で膝上まで埋まる中で、 経験ない場所を、道を探しながら登るのはしんどいので、ここで引き返す事にしました。

次回登ってこの当りの様子を見るのが、楽しみです。(帰ってきてから、地形図を見ると、多分、尾根沿いに真っ直ぐ登れば良かったような。)

行程

地図は、こちらを御覧下さい。ドラッグすると、位置が移動します。

おおよその所要時間は、(若干の休憩時間を含む)
【登り】
登山口 〜 つるべ谷出合い 1時間25分
つるべ谷出合い 〜 シデの並木 1時間
シデの並木 〜 杉峠手前の小屋 50分

【下り】
小屋 〜 つるべ谷出合い 1時間
つるべ谷出合い 〜 登山口 1時間10分

写真説明の番号は、地図上の番号に対応しています。数字は時刻です。

 雨乞岳の遠景。  1. 8:55 岩ヶ谷林道登山口。    
 2. 9:46 桜地蔵。  あるのは鹿の足跡だけ。  3. 10:17 つるべ谷出合い。左の杉峠
  方面へ行きました。
 
 蓮如上人御旧跡。      
 シデの並木。    一反ぼうそう。  
 4. 12:05 小屋。