トップページ  日付順  地域別  季節別

               東赤石山〜西赤石山縦走(2011年5月4日)

 連休を利用して、昨年の秋に計画しただけで終わった東赤石山〜西赤石山の縦走に出掛けました。
雨を避けて4日に登ることにし、前日の3日の20時過ぎに出発、山陽道、瀬戸中央道、高松道、松山道を乗り継いで、前泊場所の日浦登山口の駐車場に 4日の1時30分に到着、そのまま仮眠をとりました。(既に先客が5台いました。)

翌朝6時30分に、登山を開始する筏津にリュックを背負って、自転車で向かいました。ほぼ下り坂で、10分程度で到着しました。(自転車は筏津に置いて、帰りに回収。)そこで会った、日浦から登るという ご夫婦の方によると、1日2本、マイントピア別子行きのコミュニティバスが出ていて、予約すれば乗れるので、それで日浦まで行くとの事でした。

西明石山への登山道は、緩やかな傾斜で、歩き始めて15分すると滝の音が聞こえてきました。いくつかの滝の音を聞いて沢を渡りながら、東赤石山/赤石山荘の分岐を過ぎた 辺りから岩が多い本格的な登りになりました。ようやく権現越/東赤石山・赤石山荘の分岐に到着、東赤石山の方へ行き、その後赤石山荘には寄らずに東赤石山へ登りました。 山頂から少し奥に行くと、三角点があるらしいです。少し休憩後、東赤石山から、岩稜歩きになる八巻山へ向かいました。八巻山に着いてその先を見ると更にピークが見え、規模は違いますが、北アルプス風でした。道程を示す 印は所々に赤ペンキで付けられていましたが、全体的には判りにくく、道を探しながら進みました。赤石山荘の前のルートを通ると、岩稜歩き無しでショートカットできます。

石室越から前赤石山へ向かいました。ここも岩稜歩きになります。こちらから行くと、前赤石山のピークへ向かう分岐は判りにくいです。(後から考えると、途中に赤ペンキが 2方向に付けられている場所がありました。ここが分岐だったかも?。道なりに行くと、巻き道になります。)巻き道を行き、途中からピークに行けないか試して見ましたが無理でした。物住頭の方から 来た場合は、ピークへの分岐は判りやすかったです。この辺りからようやく西赤石山が見えました(すごく遠くに感じました。)ここから先は岩稜歩きは無く、人に会うことも無く 物住頭を過ぎ、西明石山に到着しました。

西赤石山からは、銅山越を通り、別子銅山の歴史を感じながら、ダイヤモンド水で美味しい水を頂き、日浦登山口へ下りました。やっぱり10時間コースは、歩きがいがありました。 この後、筏津で自転車を回収し、明日の石鎚山に備えてマイントピア別子の風呂で寛ぎ、車中箔としました。


交通

大阪方面からは、
山陽道 → 瀬戸中央道 → 高松道 → 松山道 → 新居浜ICより県道47号線 → 日浦登山口 で、約5時間。
(神戸淡路鳴門道を通るルートもあります。)

行程

地図は、こちらを御覧下さい。ドラッグすると、位置が移動します。 行程の断面図はこちらをご覧下さい。

おおよその所要時間は、(若干の休憩時間を含む)

【登り】
筏津登山口 〜 東赤石山 3時間40分
東赤石山 〜 八巻山 30分
八巻山 〜 石室越 1時間
石室越 〜 物住頭 40分
物住頭 〜 西赤石山 50分

【下り】
 西赤石山 〜 銅山越 1時間20分
銅山越 〜 日浦登山口 1時間10分

写真説明の番号は、地図上の番号に対応しています。数字は時刻です。

 日浦登山口駐車場。  1. 6:54 筏津登山口より登り始める。    登り易い道が続きます。
     2. 7:53 この分岐は右の赤石山へ。  
   岩の道が多くなります。  3. 10:01 権現越/東赤石山分岐。
  東赤石山の方へ。
 4. 10:22 赤石越。まずは、東赤石へ。
 5. 10:33 東赤石山。  八巻山を望む。    6. 11:26 八巻山。
     眼下に赤石山荘。  絶妙なバランス。
 岩稜歩きは続く。    7. 13:00 石室越。赤石山荘からの
   道と合流。
 別子ダムが見えます。
 前赤石山。  前赤石山南側の巻道。  手前が物住頭、奥が西赤石山。  8. 13:56 物住頭。
 通ってきた前赤石山。  目指す西赤石山。  9. 13:56 西赤石山。  新居浜市遠景。
 銅山越へ向かう道。  10. 16:02 銅山越。  下山道。  歓東間符。
   11. 17:19 日浦登山口。