トップページ  日付順  地域別  季節別

               剣岳(2日目) 早月小屋から山頂、馬場島までの下山 (2011年9月17日)

 朝、取り合えず雨が降ったなかったので、5時50分に剣岳の山頂めざして出発しました。(宿泊客の最後でした。)時間はたっぷりあるのでひたすらゆっくりと 目の前の状態に集中しながらのぼりました。小雨が降ったりやんだりでしたが、風が強く稜線の吹きっさらしになる所では、腰を屈めて重心を下げて 通過しました。(昨日同じ部屋のガイドの方が雨より風が怖いと言っていました。)

 2800mから先でいよいよ鎖場が連続します。鎖場の中では一箇所、鎖をつかんで横に移動する最後の一歩を、 岩に打ち付けた鉄棒に足をのせて、全重量を鉄棒と鎖に預けて向こう側の岩稜の足場へ行く所で一瞬びびりましたが、鉄棒と鎖を信じて行けました。 (帰りは何という事なく、注意して通過できました。)剣岳頂上近くになると岩が積みあがっている状態で、やっぱり落石が怖いんだろうと思います。(今回は 運よくアクシデントはありませんでしたが。)

 何とか山頂に着いて、景色を眺めて写真など撮りながら少し休憩しました。事前にここからの山容を印刷して持って行っていましたが、その事をすっかり忘れ 見る余裕もなく、ここでほっとしては駄目と言い聞かせながら降りました。

 早月小屋まで戻ってきて、小屋のご主人に戻った事を報告して(出掛けに帰りに寄る様に言われていたので)、馬場島目指して下山しました。登りの時よりさらに 慎重に降りたので、4時間かかりましたが怪我無く戻ってこれました。

 天気はもう一つでしたが、それよりも無事帰ってこれた事が一番の満足と思われる剣岳登山でした。


行程

地図は、こちらを御覧下さい。ドラッグすると、位置が移動します。 行程の断面図はこちらをご覧下さい。

おおよその時刻は、

【登り】
 5:50 早月小屋から山頂目指し出発。
 9:20 剣岳山頂。
 
【下り】
 9:40 下山開始。
 12:50 早月小屋。
 13:00 休憩後、馬場島へ向け下山開始。
 17:00 馬場島。

剣岳山頂
   剣岳山頂は雲の中です。  最初の鎖場です。  剣岳山頂。
       
   帰りに剣岳の全容が見えました。    
>