トップページ  日付順  地域別  季節別

                  夜叉ヶ池、三周ヶ岳(2011年10月9日)

 昨夜車内泊をした道の駅「塩津海道あぢかまの里」を6時頃に出発、日が昇る前の琵琶湖を見て、夜叉が池登山口へ向いました。
国道8号線から国道303号線を行き、川上トンネルを抜けて約1km先から左折して林道へ入ります。(登山口を示す標識があります。)ここから 林道は約10kmと少し続きます。神岳ダムまでは2車線ありますが、そこから先はほとんど1車線で所々にすれ違う事ができるスペースがある程度です。 登山客しか通らなさそうではありますが・・・。早朝だったので、対向車も無くスムースに道の駅を出発してから1時間30分位で、夜叉ヶ池登山口の駐車場まで行けました。 駐車場の手前100m位に綺麗なトイレがあります。

 夜叉ヶ池への登山道は初めは沢沿い、じきに山道で、予想外の岩の山容が見えてきて、頂上近くになると岩登り続く(楽に登れます)、バラエティに富んだ面白いコースでした。 子供連れの方も大勢いて、元気に登っていました。

 夜ヶ池に着き、とりあえず夜叉ヶ池丸(山)へ登り、その後、夜叉ヶ池へ戻り池の奥へ行くと、福井県側から来られた夜叉ヶ池の自然保護のボランティアをしている 方からヤシャゲンゴロウについて説明を受けました。登山のマナーを守って、ヤシャゲンゴロウが住む池の生態系壊さないように、協力をお願いしますとの事でした。 その後、三周ヶ岳へ向いました。三周ヶ岳への登山道は、ほとんどが笹を掻き分けて進みます。踏み後はしっかりついているので迷う事はありませんが、 背丈ほどある笹の連続です。途中ピークを2〜3つ越えて三周ヶ岳に到着しました。皆さん笹に辟易した顔でした。ここで昼食休憩し、ピストンで下山しました。 手軽にバラエティに富んだ山歩きを楽しめるコースでした。2日間とも天気が良く、気持ちよい登山が出来ました。  

交通

道の駅「塩津海道あぢかまの里」からは、
国道8号線 → 国道303号線 → 川上トンネルの先から左折で林道へ → 登山口駐車場までで、約1時間30分。

行程

地図は、こちらを御覧下さい。ドラッグすると、位置が移動します。 行程の断面図はこちらをご覧下さい。

おおよその所要時間は、(若干の休憩時間を含む)

【登り】  
 登山口 〜 幽玄の滝 1時間
 幽玄の滝 〜 昇龍の滝 10分
 昇竜の滝 〜 夜叉ヶ池 20分
 夜叉ヶ池 〜 夜叉ヶ池丸(山) 15分
 夜叉ヶ池 〜 三周ヶ岳 50分

【下り】
 三周ヶ岳 〜 夜叉ヶ池 50分
 夜叉ヶ池 〜 登山口 1時間10分
   

写真説明の番号は、地図上の番号に対応しています。数字は時刻です。

早朝の琵琶湖 夜叉ヶ池登山口
 早朝の琵琶湖。今日も天気に恵まれそうです。  駐車場です。既に大勢の先客がいました。  1. 7:49 夜叉ヶ池登山口。
沢沿いの登山道 夜叉ヶ池の山容
 登山道は沢沿いの道から始まります。    予想外の山容(北アルプス風)が現れ、びっくりしました。
幽玄の滝 夜叉ヶ池の山頂が近づく 昇龍の滝
 幽玄の滝。  山頂がまじかになってきました。  昇龍の滝。
山頂間近の岩登り 夜叉ヶ池 夜叉ヶ池丸からの展望
 山頂間近になると、岩登りが続きます。  2. 9:10 夜叉ヶ池。  3. 9:24 夜叉ヶ丸(山)からの展望。
三周ヶ岳方面の展望 三周ヶ岳への分岐 笹で覆われた登山道
 三周ヶ岳方面の展望。中央左側のピークが三周ヶ岳です。  4. 9:55 夜叉ヶ池の前にある三周ヶ岳への分岐です。  背丈ほどある笹を掻き分けながら進みます。
途中のピーク 手前のピーク 三周ヶ岳のピーク
 途中にあるピークです。  三周ヶ岳のピークは、この先のピークを越えると見えてきます。  三周ヶ岳のピークです。
三周ヶ岳の山頂
 5. 11:45 三周ヶ岳の山頂。  戻る途中から、駐車場が見えました。