サラリン トレッキング&フォトストーリー トップページ  日付順  地域別  季節別

 登山会の企画、府県境を踏破するシリーズで、京都府亀岡市/大阪府能勢町 杉原〜東加舎 を歩きました。

登山道が無い所を歩く事をしてみたかったので、参加しました。
杉原からのスタート組と東加舎からのスタート組に分かれて、中間地点当りですれ違う予定で登り始めました。
どの様にコースを決めていくのかに興味があり、先頭の動きを見ていましたが、地図読みをどんな感じでやるのかはだいたいわかりました。
地図読みが出来る様になれば、歩けるコースが広がりますが、これから練習が必要です。GPSもあれば、迷うリスクはかなり小さくなりそうです。
スタートから歩きやすかったですが、545mのピークを過ぎて最低地点へ降りる下りは、かなりの急斜面でした。ここで反対から来た組と出会いました。
その後の登りも同じ位の急斜面で苦労して登りました。登り切った所で、昼食休憩、その後緩やかな登り、下りで、下山口手前の385mの三角点は 探しだすのが大変でした。無事三角点と出合えて下山口へ降りました。

地形図でルートを探しながら、尾根を歩くのも面白そうです。

大阪方面からは、国道1号線 → 国道9号 → 京都縦貫道(亀岡ICまで) → 国道423号線 → 県道732号線 で駐車場所まで 約2時間。
駐車場所の地図はこちらをご覧下さい。地図の中心が駐車場所になります。


おおよその累積登攀高は517m、歩行距離は5.3km でした。
行程の地図は、こちらを御覧下さい。   断面図はこちらをご覧下さい。
行程の時間には若干の休憩時間を含んでいます。

全行程
登山口最低地点2時間30分
最低地点385m三角点1時間30分
385m三角点下山口20分
合計時間  おおよそ4時間40分 (休憩含む) 


 9:12 杉原の登り始め地点。    
 急斜面を降ります。  降り切って今度は急斜面を登ります。  13:33 385m三角点。