サラリン トレッキング&フォトストーリー トップページ  日付順  地域別  季節別

 雪の稜線歩きは、大日ヶ岳から大体下りで、比較的楽に歩けました。

 前泊のスキー場仮眠室から早朝に高鷲スノーパークに移動しました。車を1台下山側のひるがの登山口へデポする際に、雪が深くスタックしてしまい、 全員で車を押したり引いたりして、なんとか駐車スペースに入れる事ができました。(これで今日の仕事は終了みたいな・・・。)
高鷲スノーパークのゴンドラで一気に上がり、そこから大日ヶ岳目指して登り始めました。1時間程で山頂に到着、曇り空で展望が悪く、ちょっと残念でした。 ここから大体下りで、山スキー組みは、サーーと滑って行きました。初めて実際に山スキーを見ましたが、”ほー。こんなんもあるのか。”と感心してしまいました。 歩き組みは、それぞれが新雪に踏み跡をつけながら下りました。急斜面では尻セードが楽です。 今回は、雪の中を楽に長い距離を歩けて、面白い雪歩きでした。

大阪方面からは、名神高速 → 東海北陸自動車道 白鳥インター → 国道156号線で、高鷲スノーパークまで。
(下山は、ひるがの登山口へ。) 
駐車場所の地図はこちらをご覧下さい。地図の中心が駐車場所になります。


おおよその累積登攀高は228m、歩行距離は6.5km でした。
行程の地図は、こちらを御覧下さい。   断面図はこちらをご覧下さい。
行程の時間には若干の休憩時間を含んでいます。

登り
1. ゴンドラ終点2. 大日ヶ岳1時間
合計時間  おおよそ1時間 (休憩含む) 
下り
2. 大日ヶ岳3. ひるがの側登山口3時間20分
合計時間 おおよそ3時間20分  



写真説明の番号は、地図上の番号に対応しています。その後の数字は時刻です。

 ゴンドラ乗り場。  1. 9:55 ゴンドラ終点から登り始める。  
     2. 10:53 大日ヶ岳山頂。
     
 急斜面を下ります。