サラリン トレッキング&フォトストーリー トップページ  日付順  地域別  季節別

 綿向山からイハイガ岳を往復しようと思いましたが、コンディションが悪かったので、あっさり諦めて、素直に下山しました。

 以前、雪の綿向山に登った時、イハイガ岳の方へトレースがあったり、秋に雨乞岳に大峠の方から登った時に稜線に出て右手に見えていたりして 気になっていてので、今回、行けたらもうけものとして、登ってみました。
天気予報通り曇り、小雪がちらつくなか、順調に綿向山山頂に到着、すぐにワカンに換えてイハイガ岳の分岐に向いました。 分岐についたものの、見通しが数mで、風も強く、ここを一人で行くのはありえへんやろと、あっさり次回の楽しみとして、引き返しました。

山頂で休憩後、下山を始めた所、ぞくぞくと登ってくるグループの50人以上とすれ違いました。さすが、人気の山ですねー。

大阪方面(枚方市)からは、国道307号線 → 国道477号線 → 県道182号線で、綿向山登山者駐車場まで、約2時間。
駐車場所の地図はこちらをご覧下さい。地図の中心が駐車場所になります。


おおよその累積登攀高は840m、歩行距離は9.2km でした。
行程の地図は、こちらを御覧下さい。   断面図はこちらをご覧下さい。
行程の時間には若干の休憩時間を含んでいます。

登り
1. 駐車場2. ヒミズ谷出合小屋20分
2. ヒミズ谷出合小屋3. 夢咲の鐘小屋1時間15分
3. 夢咲の鐘小屋4. 綿向山山頂
50分
合計時間  おおよそ2時間25分 (休憩含む) 
下り
綿向山山頂夢咲の鐘小屋35分
夢咲の鐘小屋6. 駐車場1時間25分
合計時間 おおよそ2時間 (休憩含む) 




写真説明の番号は、地図上の番号に対応しています。その後の数字は時刻です。


 山頂は雲の中。  1. 8:21 駐車場。  2. 8:39 ヒミズ谷出合小屋。
   3. 9:54 綿向山大好きおじさんが撮ってくれました。  ここから直登の急坂が続きます。
     4. 10:24 山頂に到着。
   5. 11:12 イハイガ岳への分岐。トレース無し。  
     林道と出合い。
 6. 13:50 駐車場へ戻ってきた。