2012.8.4 段ヶ峰 (兵庫県朝来市/宍粟市)

2012年8月4日 段ヶ峰 (1,103m)

交通: 大阪方面からは、中国自動車道 福崎IC→播但連絡有料道路 生野IC→県道39号線→生野CCへ向かい、
    途中で右折して直ぐ(登山口の表示あり)の駐車場所

コース地図  歩行時間合計:5時間35分 [登り] 2時間55分 [下り]2時間40分 
       歩行距離:12.6km  累積登攀高:およそ913m

     [登り]登山口 ~ 達磨ヶ峰 ~ 最低コル ~ フトウガ峰 ~ 段ヶ峰  
歩行時間       45分     50分     40分      40分    

     [下り]段ヶ峰 ~ 杉谷コース分岐 ~ 林道出合い ~ 登山口
歩行時間       35分        45分      1時間   

段ヶ峰。大阪府枚方市からのサラリンの山歩き、トレッキングを写真メインで紹介。

縦走が楽しめそうで、段ヶ峰に登りました。中国自動車道の宝塚の渋滞で予定より1時間以上遅れて登山口に到着、一応熊鈴をつけて出発しました。
登り始めから達磨ヶ峰までの30分は急登でした。そこからは展望が開け、フトウガ峰が望めます。(段ヶ峰はまだその奥に隠れています。)緩やかな登り下りを 繰り返して最低コルに到着、ここからちょっと急な傾斜をフトウガ峰へ登ります。フトウガ峰まで上がると、その先に段ヶ峰が臨めます。すごく気持ち良く展望が開けています。 この当りから日陰が少なく、風はあったものの、真夏の日差しはきつかったです。段ヶ峰で休憩後、一旦フトウガ峰の手前まで引き返し、杉谷コースで下りました。途中の沢コースと 林間コースの分岐は、踏み後がしっかりしていた林間コースに行きました。

雲と風に助けられて、真夏の縦走を存分に楽しむことが出来ました。(春か秋の方がよさそうですが。)この後、姫路市の臨海工業地帯の夜景撮影に向いました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です